公共嘱託登記業務

公共嘱託登記業務処理の流れ

業務処理支援システムによる統一の業務処理と成果品の提供

1.受託・資料の調査 業務内容打ち合わせ・資料の収集整理・資料図書等の調査・分析
2.現地調査 一筆地調査のための事前調査・現地と資料の対照調査・所有者、占有者、利用者等の調査・基準点、図根点の存否の調査・既存境界標の調査
3.調査・測量・点検 登記基準点測量・筆界復元測量・境界立会・筆界確認、・筆界点測量・境界標設置・点検測量
4.成果作成・点検 計算作図・地積測量図作成・現地調査報告書作成・成果品作成及び点検・境界同意印収受
5.登記嘱託・完了 添付書類情報作成
オンライン登記嘱託申請登記完了
6.成果品検査・納品 納品図書等の作成・最終検査・納品

 

公共嘱託登記賠償責任保険に加入し、きめ細かな補償に心掛けております。 

 協会においては、土地家屋調査士の有資格者である社員が高度の専門的知識と技能を駆使して常に綿密な注意を払って業務を執行しております。
 また協会では業務の成果について、統一の成果品様式により作成し成果品の内容を点検・確認するなど業務上の責任を組織が保障いたしますが、協会が受託した事件の処理に関し、万一、損害賠償の請求を受けた場合の損害補償は「公共嘱託登記賠償責任保険」により補償いたします。 
 
▲業務案内のページに戻る  
▼道路官民境界代行業務  
▼土地家屋調査士業と測量業の違い  
▼地積測量図の作成者について   
▼不動産登記規則第93条の調査報告書 

Copyright(c) 2013 iba-kousyoku All Rights Reserved.